キャッシングの審査に通りやすいのはどんな人?

キャッシングを利用しようと思ったのはどうしてですか?急にお金が必要になった。家計が苦しい。まとまったお金がほしいなど。いろいろあると思います。でもキャッシングを利用するためには審査に通らくなくてはなりません。でも、実はこの審査は通る人と通らない人がいます。ここではどんな人が通りやすいのか見ていきましょう。

・審査に通りやすい人

独身者と既婚者はいったいどちらが審査に通りやすいと思いますか?答えは既婚者です。ではキャッシングの利用経験がある人とない人ではどちらが通りやすいでしょう?答えは経験がある人です。なぜこのように有利、不利ができるのでしょうか。それはキャッシングの審査には年収だけではなくてたくさんの審査項目があるからです。

 

キャッシング業界は競争が激しくなり、また規制強化の中でいかに優良な客を探し出すことができるのかが肝心なのです。年収や正社員かどうかなどの分かり切った要素だけみていても、他社と差をつけるのが難しいのです。したがって顧客のいろいろな要素を考慮して審査する必要があるわけです。この事を与信スコアリングシステムといいます。与信スコアリングシステムは職業や年齢などの属性と、借入状況、返済実績などの信用情報に基づくものがあります。

・融資してくれるかは属性スコアリングで決まる?

キャッシング業界はまず申し込んできた人の属性をスコアリングする。つまりは点数化して融資するかしないか、するならいくらまでならするかを決めます。業種間での多少の違いはあるものの、以下の事は共通しています。

・勤務先

まずは勤務先です。一番良いのは公務員で、次いで大手企業のサラリーマンです。アルバイトなどでも自営業している人くらいの扱いになりますが、無職の場合には審査に通るのはまず無理でしょう。

・雇用形態

やはり正社員は有利になります。ですが、最近ではアルバイトでもパートでも収入があれば申し込むができます。また、勤務先もチェックされて派遣やアルバイトでも勤務先が大手であれば可能性が高くなります。

・年収

年収は400万円あれば全然大丈夫です。これ以下の人でも借りる事はできます。

・健康保険証の種類は

 

健康保険の種類が実はかなり重視されます。国民健康保険の信用が弱いのです。ですから自営業や派遣、アルバイトの融資は厳しくなるのです。

・勤続年数も大事

これは長い方が信用があります。6か月にも満たない場合には厳しくなります。

・住居形態

これは夜逃げする人がいるので、持ち家の方が評価は高いです。

・居住年数

これはやはり長い方が良いです。

・家族構成

これはもし借金を返済できない時に周りに迷惑がかかる人が多い人ほど返済する可能性が高いですから家族と住んでいる人の方が評価は高いのです。

・利用は計画的に

キャッシングを利用して返せなくて借金まみれになる可能性もあります。返す計画を立てて計画的に利用しましょう。

 

生活保護受給者のおまとめローン体験談に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です