返済が完了している時には解約した方が良い?

キャッシングは一般的にカードを使って利用しますよね。カードには限度額があり、その限度額の範囲内ならいつでも好きに使う事が可能です。カードは保持しておく事には費用はかかりませんが、では全額返済している場合には解約をした方が良いのでしょうか。保持しておいた方が良いのでしょうか。ここで見ていきましょう。

・使う予定がないなら解約した方が良い

カードはシステム上利用すると金利が発生します。でも使わなければ金利はかかりませんし、年会費も必要ないのです。Ⅰ度解約した時に改めて使うともう一度審査が発生します。そのため、使う予定があるのでしたら、保持しておいた方が良いでしょう。しかし、使う予定はない場合は解約してしまいましょう。キャッシングの怖い点なのですが、一時的な利用ならまだしも、長く使っていると限度額を貯金のよに思い始めます。またどうしてもカードを保持していると誘惑に負ける人も出てきます。ですから使う予定が無い人は解約した方が良いでしょう。

・解約の手続きはどうするの?

契約の手続きは会社により多少の違いはあるものの、普通はキャッシング会社の窓口や郵送でできます。郵送を選択した場合には解約用紙を郵送で送ってもらいます。、受け取ったらカードにハサミを入れてカードを使えない状態にして、そのカードと記入した解約用紙を返送します。

・解約を怠った場合

もし利用はしてなくても解約が済まない限りはいつでも利用できる状態にあるので、信用情報機関には契約中という情報がある事になります。これでは住宅ローンや大きなローンを組む時に審査に影響する可能性があります。

・契約書は返してもらおう

解約の手続きをした時には普通は契約書も返してくれますが、契約書の返還に関して何も説明が無い時には確認しておきましょう。なぜかというと契約書がキャッシング会社に渡っているままでは契約中の扱いになっている可能性があります。カードを返還しただけでは解約できていない可能性がありますから、契約書は返してもらうようにしましょう。

・ATMでの最後の返済

最後の返済の時にお札しか対応していないATMでは余分に入金する必要があります。例えば残高が9500円の時に完済するためにお札しか受け付けないのなら、10000円投入する必要があるのです。これではやはり500円多く預けるはめになります。ですからぴったし返済したい時には小銭を受けつけるATMかどうか確認しましょう。

・キャッシングは賢く利用したい

ここで述べたとおり使う予定が無い時は解約した方が良いです。余計なお金を使う事がなくなります。キャッシングは賢く利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です